【Xサーバー】ツール無しで簡単にAdSenseのads.txtファイル”問題を修正する方法

ブログSEO

画面に「要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう…」と出る

前にグーグルAdSenseに審査が通ったんですが

 

ずっと画面上に、

「要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。」

 

て出ていたんですよね。

 

ブログの専門用語なんか、チンプンカンプンな自分としては

 

「なにいってんだ? 意味わからん」

 

と思い結構放置していました。

 

AdSense通ったばかりの人の中には

自分のようにわからず放置している方もいるんじゃないですか?

 

でも、収入に重大な影響が出ないように・・・って書いているので怖いですよね

せっかくAdSense通ったのに、これほっといたら収益に影響でるの?!

て思ってしまいます。

 

今回は、Xサーバーでads.txtファイルを設置する方法をお伝えします。

 

1から10まで、スクショ付きで説明するので

Xサーバーで設置できなくて困っている方でも絶対設置できるよう説明します

 

あと、ブログのツールやソフトなんかもダウンロードしません。不必要です。

 

ads.txtとは 設置しなければいけない理由

そもそも、なんでads.txtファイルの問題を修正しなければいけないのか

ほっといたらいけないのか。と思うんですが

 

Googleが修正してっていうのにはちゃんと理由があるんですよね。

 

ads.txtを簡単に説明すると

悪い人に偽の広告を出させて収益取られないようにするためのものです。

 

「設置しないと、悪い人に偽の広告出されて収益取られんで。」

ってGoogleは言っているようです。

 

そのため、AdSenseの画面上に

「要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。」

って出るんですね。

 

ads.txtが必要だと分かったところで、

早速設置する方法を載せて行きたいと思います。

 

 

Xサーバーでads.txtを設置する方法

①グーグルアドセンスを開いて左メニューの”サイト”をクリック。

画面中央に出ている、『1つのサイトで使用するads.txtファイルを作成する』の下の

”ダウンロード”を押してtxtファイルをダウンロードして下さい。

 

 

②Xサーバーのホームページにアクセスしてログインして下さい。

 

 

③下にスクロールしていって”ドメイン”ではなく、

対象の”サーバー”の「ファイル管理」をクリックして下さい。

 

 

④対象のブログのURLをクリックする。

 

 

⑤public_htmlをクリックする

 

 

⑥ファイルのアップロードで①でダウンロードしたテキストファイルを選択し

アップロードをクリックして下さい

 

 

これで、Xサーバーのads.txtは設置できました。

 

本当にads.txtが設置できたか確認する方法

ブログにads.txtファイルを設置できたとしても、すぐに反映することはありません。

GoogleAdSenseに反映まで数日かかる場合があると書いてある通り、タイムラグがあります。

(大抵24時間以内らしいですが)

 

それまで、本当に設置できたか分からないのは困りますよね。

 

本当に設置できているのか分かる方法があります。

 

自分のブログのURLの後に、「/ads.txt」とうってエンターを押して下さい。

 

うちのブログでいうと、https://youmogi.com/ads.txt

とすれば良いということです。

 

そうして、下記のような画面や文字が出ていれば大丈夫。だそうです笑。

 

 

 

数日も経てば、AdSenseの方もあの恐ろしいメッセージも消えていると思うので確認してみて下さい。

 

 

 

今回は、スクショの画像付きでわかりやすく書いて行きましたが

 

わかりにくいところとかあったら、教えて下さい。修正します。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました